和楽 稲わら販売 稲わら販売専門ショップ
 
 
 
お取り扱い商品 当社について お問い合わせ
 
 

無農薬稲わらについて


無農薬有機栽培米は、化学肥料を一切使用しないため、収量は一般米と比べ、3割程度少なくなるのが現状です。稲わらも比例して少ない収量になります。
及川さんは農薬も化学肥料も一切使用しない、無農薬有機栽培を3年以上続けて認められる、有機JASの認定を受けております。
当社では、及川さんの有機栽培米の副産物、稲わらを全量購入させていただき、一般わらと別の倉庫に保管しております。

放射能測定証明書 放射能測定 有機JAS認定書 有機JAS認定書
※自然界には0.05μSv/hの放射能が存在していると言われています
写真をクリックしていただきますとPDFファイルで開きます
 
生産者の及川さん
有機農園ファーミン
及川さん
稲自然乾燥
稲藁まるき作業
稲刈り作業
稲自然乾燥
稲わらまるき作業

毎年9月・10月ごろに丹精込めて育てた稲をバインダーという機械で刈りとります。農家として一番の喜びの瞬間です。

及川様は稲刈り後の稲を一本の棒に交互に一束ずつ積み重ね約1カ月かけて自然乾燥させます。太陽の恵みいっぱいです。

脱穀した後の稲わらを手作業で24束約6kgに束ね、150コくらいトラックに積み倉庫へ運搬します。

無農薬稲わらのお勧めポイント

家庭菜園で無農薬栽培を行っている畑にぴったり。
播種や植え付け後の敷きわらの被覆で保温効果、霜よけ、乾燥防止、雑草抑制、
雨による土の流出など様々な効果があります。
腐食して良質な有機肥料になりますのでこだわりの菜園にご利用下さい。
食の安全の観点からかつおやぶりのタタキ等、魚の藁焼きには無農薬で安心な稲わらをおすすめします。


一般わらについて

宮城県産稲わらの特長

主にひとめぼれとササニシキ品種の米が作付されています。
稲わらは品種や田んぼの土質、肥料、天候等により色や長さ、かたさ等の品質の違いはありますが、
一枚の広さが1500坪以上の基盤整備された田んぼは非常に水はけが良く、
比較的乾燥した色目の良い稲わらが収集できます。

稲わら乾燥・結束
バインダー刈り稲の棒掛け自然乾燥と脱穀作業
コンバインわら乾燥と結束作業

現在全国どの地域でも行われている、コンバインによる稲刈りで米と稲わらが分離され、
稲わらは自動的に5〜10cm程度に切り刻まれ田んぼにそのまま落とされ、 焼却されたり、
畜産の飼料として収集され、長いままの状態で残されることはほとんどありません。
米も火力乾燥されます。

農家の高齢化に伴い極端に少なくなりましたが、バインダーという機械で稲刈りをして
田んぼに立てた棒に、1束ずつ積み重ね、約1ヶ月間自然乾燥後に脱穀する事で長いままの稲わらが出ます。
昔ながらの作業方法は大変な労力を共ない、全国的に国内産の長稲わらは減少が続いています。

当店では農家との契約で、コンバインでの稲刈り時に稲わらを切らない長い状態で
田んぼに落としていただき、その後当店の作業員で自然乾燥、結束、運搬作業を行い、
長いままの稲わらを確保しています。

バインダーわら

バインダー
わら

一束あたり
約250g前後

長さ80cm前後

コンバインわら

コンバイン
わら

一束あたり
約650g前後

長さ80cm前後

残留農薬データ稲わら残留農薬データ

Copyright (C) 2014 Inawara-Waraku All Rights Reserved.